アダラートの服用、バイアグラとの併用で体がだるい?

アダラートはカルシウム拮抗薬と呼ばれる分類に属する薬です。このカルシウム拮抗薬は血管平滑筋に存在するカルシウムチャネルの機能を阻害することによって、血管平滑筋を弛緩させます。これによって血管は拡張します。この作用を利用して、カルシウム拮抗薬は血圧降下剤や狭心症治療薬として利用されています。そのカルシウム拮抗薬の中でもアダラートは比較的歴史のある薬です。発売当初はカプセル剤で1日3回の服用が必要でしたが、現在では錠剤のものが発売され、さらに服用回数も1日2回や1日1回で済むように製剤的工夫が施されるようになってきました。こうした工夫もあってアダラートは現在でも多くの方に愛用される商品となっています。
ところでアダラートとバイアグラを併用すると体がだるいと感じる場合があるのですが、この体のだるい感じはなぜ起こるのでしょうか。ここからはそれについて解説します。
まずバイアグラはアダラートと同様に血管を拡張させる効果があります。これによって血管拡張作用が増強され、低血圧状態になったことが疑われます。低血圧になると体のだるい感じの他、めまい、ふらつきを感じることがあります。
さらにアダラートとバイアグラの薬物間相互作用が原因となっている可能性があります。この2つの薬は共に肝臓に存在する代表的な薬物代謝酵素のCYP3A4によって代謝を受けて、消失します。よって両者の間でCYP3A4の競合が起こってしまうのです。これによって2つの薬の血中濃度が、単独投与の場合と比較して、高い数値になってしまいます。これによって薬の効果が過剰に出てしまい、より体のだるさを感じてしまう可能性があります。
このように両者の副作用を増強する可能性があるので、両者を併用する場合には医師の指示の下行うようにしましょう。

費用の高いアダラートを購入してコンビニで支払い

アダラートというのは病院でよく見かける内服薬の1つです。高血圧や狭心症の治療のために用いられます。高血圧などで飲みはじめた場合は、血圧のコントロールをして血管性疾患のリスクを下げるということが目的なので、長期飲む必要があります。自分勝手の薬を辞めたり、調節したりということが出来ないです。また定期的に病院にいって血圧を測定する、内服による弊害がないか血液検査をするということがあります。しかし長年アダラートを飲むために病院に通うのはちょっと…という人もいるのです。仕事の忙しいし、受診する時間が持てない、また手軽に購入できるなら病院以外でも購入したいと思う人が多いのです。そこで最近見られるようになってきたのがインターネットで通販で薬を販売するサイトです。これは個人輸入という形で内服を購入します。内服をもらう時には普通処方箋が必要だから、個人で購入するのは不安だという人もいますね。でも症状が落ち着いている長年同じ薬を同じ量飲み続けているという場合には病院に行く手間が省けるし、病院で処方される薬は高い、それよりも費用面で安価なものを個人輸入という形で購入したいという人も増えているのです。その場合、インターネットから申し込みをして自宅に配送、支払いは代引きやコンビニ支払いということもできます。高いイメージの内服薬ですが、これなら少し安くアダラートを購入することが出来ますね。またコンビニは24時間あいているので、自分の都合のいい時にコンビニを訪れていつでも支払いができます。手数料もかからないことがほとんどなので、これまでの高いというイメージを打ち壊して、アダラートを購入、内服することが出来るでしょう。