アダラートの効果、効能について

アダラートは有効成分をニフェジピンとした降圧剤のひとつで、カルシウム拮抗薬に分類されその作用から高血圧や狭心症の治療に用いられます。
体内のカルシウムは骨の成分として有名ですが、血管とも密接な関係があり、血管平滑筋の細胞にカルシウムが流入することで血管を縮めて血液の循環を停滞させます。
血液の流れが悪くなると、無理に押し流そうとして心臓が強く働くために圧がかかり高血圧になってしまいます。
そこでニフェジピンを投与すると、カルシウムが流入するために必要な通り道を塞ぐため、血管平滑筋にまで到達せずに血管の収縮が行われないようになり、さらに拡張されることで血液の流れが良くなります。
この作用は末梢血管だけでなく心臓の血管にまで影響するため、高血圧と共に狭心症の治療にも有効とされます。
アダラートはCR錠、L錠、カプセルの3種類が存在し、それぞれに容量の異なる規格が用意されています。
ニフェジピンは血中濃度のピークが2回現れる特徴的な濃度曲線を有しており、CR錠は24時間、L錠は12時間で効果が持続するようになっており、使用方法によって1日1回か1日2回の服用となります。
適応症は高血圧症、狭心症ですが、厳密には腎実質性高血圧症、腎血管性高血圧症、異型狭心症となっています。
症状によって服用回数や容量を変更するため、アダラートの種類の豊富さは非常に便利です。
重大な副作用は報告されていませんが、歯肉が腫れたり手足のむくみが現れることが多く、アダラートは肝臓で代謝されるのですが、グレープフルーツなどの柑橘系のジュースと一緒に飲むと血中濃度が上昇して急激な血圧低下を招くおそれがあるため、使用には十分に注意しなくてはいけません。

アダラートの副作用は少ない?

アダラートはカルシウムイオンが細胞の中に入ることを抑制し血管が収縮する原因を取り除くと言う効果があるお薬です。
アダラートは比較的安全なお薬のひとつで、年齢にかかわらずに用いることができますし血統や尿酸、脂質などへの悪影響がありません。
そのため合併症の多い高齢者などにも用いることができることから、高血圧の治療薬として処方されることが多いお薬でもあります。
アダラートは心臓や血管が収縮する原因であるカルシウムイオンを抑制することによって、脳血管を拡張して血圧を下げる効果がありますが、このカルシウムイオンとはカルシウムが電気を帯びることでイオン化するもののことで私たちの体の血管の壁の中にある血管平滑筋と呼ばれる筋肉にカルシウムイオンが入ってしまうと筋肉が収縮してしまいます。
それをアダラートを用いることで、筋肉を緩ませ血管を収縮させないようにでき血圧を下げることができるのです。
アダラートは比較的安全なお薬で副作用は少ないとされてはいますが、個人差があるため副作用が起こることもあります。
基本的に心臓の問題がある人や透析を行っている人、腎臓や肝臓に問題があると言う人の場合や妊婦の場合には注意が必要になります。
降圧剤や利尿剤を利用していると言う場合には血圧が下がりすぎてしまうことがあるため処方の際には医師に相談することが大切です。
アダラートの主な副作用としてはめまいや動機、胸の痛み、発疹、貧血、呼吸困難、かゆみ、発熱、全身の倦怠感、立ちくらみなどがあげられます。
また判断力の低下や意識がもうろうとする、皮膚に赤みが出る、白目が黄色くなる、食欲が減退すると言うこともあります。
服用後にそれらの症状が現れた場合には早めに医師に相談することが大切です。

アダラートを通販で購入しよう

高血圧治療の第一選択薬でアダラートですが、最近は個人輸入という方法で通販することができます。
輸入というと、なんだか英語を使ったり難しいのではないかという印象を持ちますが、実際は日本国内の通販サイトの利用と同じように日本語のサイトから申し込みをするだけです。
支払いなども日本円で可能で、支払い方法も日本の銀行口座への振込やクレジットカードが利用できます。
しかし、商品だけは海外から届きますので、アダラートのパッケージはシンガポールやタイなど、海外のものになってはいますが、中身の薬は海外版と言うだけで同じ商品です。
日本の薬と同じように使うことが可能です。アダラートは実は商品名で、成分の呼称として実は「ニフェジピン」という一般名があります。
このニフェジピンという一般名で売られているジェネリック医薬品や、カルシガードなど別の商品名をつけて販売されている物がありますが、これらも全てアダラートと同じ商品になります。
製造メーカーが違うので名前が異なっているだけで、薬品に含有される成分は同じだからです。
アダラートを初めて通販で購入する場合の注意点ですが、最初はできれば近隣の医師にかかって病院や薬局で処方してもらう方が良いでしょう。
なぜかというと、アダラートは副作用の少ない薬ですが、それでも一部の患者さんには使用が適さない場合があります。
素人が勝手に判断して使用することは、危険な副作用を起こすリスクがありますので、最初はそういった危険がないか、医師にかかって判断してもらうのです。
その上でアダラートの服薬を開始し、自分に薬が合っていて問題ないとわかったのであれば、2回目以降は通販で購入するのも良いでしょう。
高血圧の治療薬は長期間にわたって飲み続けることが必要になってきます。
毎回同じ薬を通院して処方してもらうよりは、個人輸入でまとめて買うのもありでしょう。